AGAヘアクリニックの口コミ

AGAヘアクリニック,口コミ

 

一般に高額だと言われているAGA治療ですが、ベーシックな内服薬・外用薬の治療費は症状が深刻な場合でも最大で4万円〜5万円程度だと言われています。それ以上に高額になる理由は、メソセラピーという頭皮ケア治療(特殊な注射)を行うからです。AGAヘアクリニックはメソセラピーの施術を行わずとも、他のAGA治療院に劣らない発毛実績を誇ります。

 

 

【目 次】

 

AGAヘアクリニック,口コミ 気になるAGAヘアクリニックのプラス評価をチェック
・「とにかく安い」と評判の治療費についてふたつの口コミ
・やはり最も気になる発毛効果はどうなんだろう?
・(枠)お勤めでも安心して通院できる診療日と診察時間

 

AGAヘアクリニック,口コミ AGAヘアクリニックのちょっと困った評判をチェック
・評判はいいのだが秋葉原にしか治療院がない
・メソセラピーが無いので発毛効果に不安が残る

 

AGAヘアクリニック,口コミ AGAヘアクリニックは数少ない遠隔治療が可能
・地域にAGA治療院がなくても薄毛の治療が可能
・遠隔治療で実力を発揮するAGAヘアクリニック


 

気になるAGAヘアクリニックのプラス評価をチェック

 

「とにかく安い」と評判の治療費についてふたつの口コミ

 

 

(20代男性)良心的な治療費で安心して通院できる

 

初回カウンセリングに限らず、初診料、次回からの診察料も無料。
メソセラピーがない分、治療費の上限が決まっているのは安心この上ない。


 

ホームページで最大の費用が確認できます

 

治療費に関しては広く高い評価を得ています。メディアでの治療費の開示はたくさんの患者さんから好評を得ています。他のAGA治療院では費用に関しては「3万円〜」といった最低限必要な部分だけ公開しています。

 

初診の時に「メソセラピーも行って早期の発毛を実現」などと言われて結局高額な診療費となります。AGAヘアクリニックでは最大必要費用を患者さん自身が把握できるようにしています。


 

(40代男性)血液検査は必須な検査なので安いに越したことはない

 

一般なら3000円、特殊な場合は医師の判断で8000円が必要となります。
他のAGA治療院では一律10000円などが普通であり、安いほどありがたいです。


 

毎月ではありませんが必要な検査です

 

血液検査に関しては、健康上の不具合がないか?のチェックに加え、今の投薬が発毛に最適なのか?も検査しています。また、年齢やこれまでにかかった病気の影響についても確認します。頻度に関しては、医師の判断で必要と認められた時に採血して検査します。

 

いずれにしても「初回に1回だけ必要」という検査ではないので、費用が安いのは患者さんのお財布に優しい処置だと考えられます。


 

やはり最も気になる発毛効果はどうなんだろう?

 

 

(30代男性)髪の毛に勢いが出てきたという感じ

 

髪の毛が太く感じられ、頭頂部の頭皮の露出が明らかに少なくなってきた。
また、頼りなくて、セットが決まらなかった毛髪が落ち着きを取り戻した。


 

オーダーメイド処方を取り入れています

 

AGAヘアクリニックでは科学的な根拠がある治療法に取り組んでいます。フィナステリド・デュタステリド・ミノキシジルなど、服用薬や外用薬も有効成分自体が「明らかな発毛効果を持つ」臨床試験結果を有しており、効果が出る確率は高くなっております。

 

これらの薬剤を医師が都度増減して処方するため、患者さんにターゲットを絞って、より効率的な薄毛の改善に取り組んでいます。


 

(40代男性)治療が柔軟でフィードバックが迅速!

 

フィナステリドだけで治療を始めましたが、発毛効果が見られませんでした。
医師がデュタトリスとミノキシジルの併用に切り替え、うぶ毛が発現しました。

 

(50代男性)発毛を確認したので薬を減らした

 

デュタトリス(内服)+ミノキシジル(外用)での治療を受け発毛しました。
その後、医師の判断で、フィナステリドのみで治療を継続しました。


 

経験を積んだ医師の判断で薬の増減を調整します

 

口コミでも、柔軟な治療方法での対応に対して高評価であることを多く確認しています。安価な治療から始めても、発毛効果が現れなければ段階的に薬剤を増やして早期の発毛を促します。逆に充分な発毛効果を確認して、持続している状況では、投薬量を減らしたり安価な治療に切り替えたりと、状況を把握してさまざまな治療を行っていきます。

 

用いる薬剤にも副作用がありますので、いつまでも大量に使っていればいいというものではありません。頭皮の状態を把握した医師の判断で柔軟なフィードバックが行われています。


 

お勤めでも安心して通院できる診療日と診察時間

 

 

(30代男性)勤務の帰りでも通院できるのは助かる

 

仕事が終わってからでも、残業さえなければ余裕で通院できるのはうれしいです。
休診日が平日となっており、土日祝日まで診察を受けられるのは助かります。


 

患者さんの利便性を第一に考えています

 

平日の診察時間は20時までとなっており、仕事が終わってからでも診察に立ち寄れることを考慮しています。また、土曜日・日曜日・祝日も診察を行っており、安心して予約を取ることができます。

 

休診日は「不定休」となっておりますが、医師の都合で勝手に休むわけではなく、学会出席などやむを得ない時は予約の段階でその旨が伝えられます。その他、予約の状況を踏まえて休診日を設定する場合でも事前に告知されますので、予約したのに休診日だった、などということはあり得ません。


 

【AGAヘアクリニックの診察日と診療時間】

 

平日:午前11時から午後8時まで
土曜日・日曜日・祝日:午前10時から午後7時まで
休診日:不定休(事前告知あり)


 

AGAヘアクリニックのちょっと困った評判をチェック

 

評判はいいのだが秋葉原にしか治療院がない

 

 

(40代男性)埼玉県在住なので通えなくはないのだが・・・

 

埼玉県在住で自営業なので、評判を聞いて受診を決意するためにもハードルは高かった。
遠隔診療も利用できるが、やはり、定期的に直接医師から診察して欲しいのが本音。


 

遠隔診療を取り入れて利便性を向上させています

 

口コミにある通り、AGAヘアクリニックは東京の秋葉原にしかありません。交通の便は申し分ないので東京に隣接する他県からは土日祝日を利用すればなんとか通院できるでしょう。

 

AGAヘアクリニックの特徴のひとつである「遠隔診療」の利用は、通院時間と交通費を節約できるなど、メリットもたくさんあります。反面、患者さんの心理は口コミにある通り、半年に1回、3ヶ月に1回と定期的に直接医師と会話したいものです。特に発毛効果を体感するまでは不安がつきまとうのでそういった希望は多いのだと思います。


 

メソセラピーが無いので発毛効果に不安が残る

 

 

(20代男性)薬剤治療だけで高い発毛効果はあるのだろうか?

 

他のAGA治療院で行っているメソセラピー。AGAヘアクリニックは取り入れていません。
高い効果が期待できるだけに治療費も高額になるのは理解していますが不安もあります。


 

臨床試験で効果を確認された薬を経験を積んだ医師が用いています

 

AGAヘアクリニックでは、内服薬と外用薬の処方による薄毛治療がメインとなっています。口コミで指摘されているように、メソセラピーやHARG治療は取り入れていません。発毛効果が高いと言われている治療が受けられないことに不安を感じる患者さんもいます。

 

しかし、メソセラピーやHARG治療は非常に高価です。他の治療院では初診の時に、早期の発毛のために高額な治療を勧誘してくるところもあります。AGAヘアクリニックで用いる薬剤も臨床試験で効果が実証されているものです。いたずらに高額な治療を施さなくても充分な発毛実績があるので安心して下さい。


 

AGAヘアクリニックは数少ない遠隔治療が可能

 

地域にAGA治療院がなくても薄毛の治療が可能

 

 

(20代男性)東北に住んでいるのでAGAヘアクリニックは無理だと思った

 

東北に住んでいるが、仙台でも有名なAGA治療院は数が少なかったり、治療費が高額。
ほとんど諦めかけていたけど、遠隔診療があると聞いて試してみて良かった。


 

AGA治療の遠隔診療は、最近話題になっており人気があります。スマホのテレビ電話機能を使って診察を受けられます。その診察結果で、薬が処方され送付されてきます。さらに、血液検査もキットが送られてきて、自分で採血して返送するだけです。ただし、キット代や送料を考慮して、通常3000円のところ5000円と少し高額になります。

 

たとえ通院可能な距離にお住まいでも、業務上忙しくて時間が取れない、予約日に急な業務が入る可能性が高い、などの理由で遠隔診療を希望する患者さんもいます。


 

遠隔治療で実力を発揮するAGAヘアクリニック

 

AGAヘアクリニックは、元々、メソセラピーやHARG治療を行わなくても、他院と同等の発毛効果を上げています。用いるのは内服薬と外用薬だけです。医師の診察結果に基づく処方薬の送付は法律で認められています。遠隔治療は薬による治療と親和性が高く、AGAヘアクリニックの医師は薬についての知識が深いのです。また、高額な頭皮ケア治療に頼っていたAGA治療院では、薬に対する充分なノウハウが蓄積されていないため、AGAヘアクリニックと同等の発毛効果は原理的に得られないのです。

 

遠隔診療はAGA治療に限った話ではなく、内科診療においても、近年はメディアや医療関連テレビ番組でも数多く扱われ、へき地や離島に限らず、厚生労働省から「遠隔診療に関して、過去の例示を必要以上に狭義に解釈する必要はない」旨の事務連絡があり、2015年8月をもって遠隔診療を幅広く行っても良いという「遠隔診療解禁」の幕開けを迎えたのです。

 

「無診察治療を禁じる」(医師法第20条)に抵触するのではないか?と戦々恐々としていた医療従事者が遠隔診療に進出し、それに伴い、通信サービスや物流業界も興味を示し、遠隔診療は大きく発展しているのです。この流れに乗ったのがAGAヘアクリニックで、元々、投薬(内服・外用)治療しか行わないので、新たな設備投資もノウハウの蓄積も不要で、いつもの診察・加療をテレビ電話で行うだけで、わざわざ通院してもらう手間を省いたのです。


トップへ戻る